妊娠中 病気

妊娠時の不正出血にはどんな種類がある?流産になるかどうかは原因によってきまります。

Sponsored Link

妊娠していると、出血にはとても敏感になりますよね。

少しでも出血すると、赤ちゃんに何かあったのではないかと心配になります。

私の妻も妊娠中は少し出血がありました。

病院へ行くと問題ない出血だと言われ、様子を見ているうちに治まりました。

周りの友人でも、初期に大量に出血したとか、微量な出血がしばらく続いたという話を聞きます。

出血ってそんなに珍しいことではないようです。

とは言え、何かしらの異常が子宮内で起こっていることは確かなので、病院で診てもらうことは必要です。

私の友人の妹は仕事中に不正出血したらしく、男性が多い職場で、職場は騒然となり、そのまま産休に入ったそうです。
妊娠時の不正出血について

不正出血の原因は?

妊娠の時期のよって、原因は異なります。

妊娠の初期には、着床出血が起こることがあります。

これは、受精卵が子宮内膜にもぐりこむときに起こる出血です。

他には、子宮外妊娠で不正出血が起こることがあります。

子宮外妊娠は早く発見して処置をしないと、卵管が破裂したりする可能性があります。

妊娠中期になると出血は減りますが、この時期に起きる出血は流産につながることがあります。

少しでも出血があったらすぐに病院に行かないといけません。

妊娠後期での出血は、切迫早産などにつながることがあります。

お腹が張って固くなっているなら要注意です。

安静にして病院に行くようにしてください。

流産になることもある?

妊娠初期は特に流産が起きやすい時期です。

全流産の9割は妊娠初期に起きています。

妊娠初期に大量に出血して血が止まらず、塊のようなものが出てきて流産してしまったという例もあります。

妊娠初期は、問題ない出血も多いですが、流産につながる出血があることも事実です。


Sponsored Link

自己判断ではなく、必ず病院の先生に診てもらうことが大切です。

排卵出血との違いは?

排卵出血って聞いたことありますか?

女性の5%くらいの人が経験します。

排卵日に微量に出血が起きることです。

原因は、卵子が卵胞を破るときに出血することや、ホルモンバランスの乱れが考えられています。

排卵日を境に女性の体のホルモンバランスは変わります。

その時に体が敏感に反応して出血してしまう人もいます。

排卵出血は、まだ妊娠していない時に起こるので、妊娠中の不正出血とは異なります。

排卵日付近に出血したら、それは排卵出血かもしれません。

排卵日から10日後くらいに出血したら、着床出血かもしれません。

どちらも微量の出血ですので、時期で判断するしかありませんね。

妊娠中には心配ない出血もたくさんありますが、中には流産の兆候のこともあります。

出血したらまず安静にして、病院へ行って出血の原因を調べてもらうことが大切です。


Sponsored Link

-妊娠中, 病気

Copyright© 子育て、育児、失敗したくない!育児お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.