出産

高齢出産のメリットとダウン症の確率について。あまり気にすることはないと思います!

Sponsored Link

一昔前までは高齢出産する人は少数派だと言われていましたが、最近はとても増えてきました。

晩婚化に伴い、第一子を30歳過ぎてから出産する人もとても多いです。

私の周りや妻の友達は、30代後半から40代前半のママ友が多数を占めます。

20代の人は珍しがられます。

40代で第二子を出産している人もいて、とてもパワフルです。

決して高齢出産は珍しいことではないのです。
高齢出産

高齢出産のリスクは?

メジャーになってきたとはいえ、高齢出産にはやはりリスクがあります。

高齢出産とは、35歳以上での出産をいいます。

でも、どの年齢でも出産のときにはリスクが伴います。

高齢出産でも無事に赤ちゃんを産んで元気に子育てしている人はたくさんいます。

とはいえ、リスクの可能性が上がるのは事実です。

流産や先天的な障害を持った赤ちゃんが産まれてくる確率は、高くなります。

また、ダウン症になる確率も高くなります。

特に40歳を超えるとその確率は高くなります。


Sponsored Link

また、出産の際に帝王切開になる確率が上がります。

特に異常がなくても、年齢が高いと自然分娩はリスクが伴うと判断してしまう医師もいます。

高齢出産のメリットは?

やはり経済的なメリットは大きいでしょうか。

35歳まで働いていたとしたら、たくさんの貯金ができていることもありますね。

子供が産まれても余裕を持って子育てができます。

若くして出産している人よりも仕事のキャリアを積んでいることも多いので、産後落ち着いてから仕事を再開するときに有利になることもあります。

また、精神的にも落ち着いていることが多いです。

人生経験が豊富なので、どっしり構えて育児をすることもできるのではないでしょうか。

趣味や仕事を満喫していたので、次は子供の為にがんばろうと思える人も多いです。

高齢出産とダウン症の関係は?

高齢出産というとダウン症と結びつくことがありますね。

そんなイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。

でも、データ的に見ると20代では0.1%、35歳以降は0.3%、40歳以降は1%になります。

40歳以降は確率が上がると言えますが、40歳までなら若い世代と比べても特に確率が高いとは言いづらいですね。

この確率をどう捉えるかは妊婦さん次第といえます。

増えてきている高齢出産ですが、リスクが大きいといえるほどではありません。

高齢になってからの育児は若返ることもあると言われています。

特に気持ちの面で若返りそうですよね。

若いママ友に接することで新しい発見もあることでしょう。

高齢でも子供がほしいと思っている人は、あまり恐れずに出産にチャレンジしてみてください。

最近は医療の発達も相まって、周りを見ていても少しくらいの高齢であればまったく問題ないと感じています。


Sponsored Link

-出産

Copyright© 子育て、育児、失敗したくない!育児お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.