妊娠中 生活

妊娠中のペット(犬・猫・鳥)は飼っても大丈夫?トキソプラズマの影響は?

Sponsored Link

ペットを飼っている人にとってペットは家族のようなものですよね。

一緒にいるととても落ち着くし、かわいい姿をたくさん見せてくれます。

私の家ではミニチュアダックスを1頭飼っていました。

私もかわいがっていましたが、私以上に妻はかわいがっていました。

特に仕事を辞め、やることが無くなってしまったときは、ワンちゃんを抱っこしながら、1日中寝てたそうです。

妊娠中にペットは飼うと、何か赤ちゃんに影響はあるのでしょうか?調べてみました。

妊娠中にペットを飼っても大丈夫?

猫を飼う場合は注意した方がいいようです。

猫を飼っている方もいらっしゃいますよね?

妊娠中は気をつけた方がいいことがあります。

他に、犬やハムスターやインコなどは特に問題はないようですよ。

妊娠中は猫を飼ってはいけない!?

猫には、トキソプラズマという寄生虫が宿っている場合があるそうです。

このトキソプラズマが、胎児に影響を及ぼす可能性があるのですね。
妊娠中ペット

トキソプラズマに注意!

トキソプラズマは、人間にも感染することがあります。

感染経路は、トキソプラズマを宿している猫の排泄物からの感染が多いです。

排泄物を処理した際に、手に付いているのに気付かずに口に入れてしまった場合などに感染します。

感染すると、トキソプラズマ症を発症します。

トキソプラズマ症は、健康な人であればほとんど無症状か、軽い風邪程度の症状で治まります。


Sponsored Link

しかし、妊婦さんが初めて感染すると、胎児が先天性トキソプラズマ症を発症してしまうことがあります。

先天性トキソプラズマ症とは?

胎児が先天性トキソプラズマ症に感染した場合、症状が現れる恐れがあります。

主に、目や脳への障害です。

視力が低下することが多いようです。

産まれた時には特に問題が見つからなくても、成長とともに障害が現れてくることもあるようですから、怖いですね。

流産や死産のリスクも高くなってしまいます。

室内猫もトキソプラズマに感染するの?

トキソプラズマに感染している割合は、野良猫や外と室内を自由に行き来している猫の方が高いです。

室内猫は、感染している割合は低いようです。

トキソプラズマは、もともと土の中に生息している寄生虫です。

ずっと室内にいる猫は、感染する機会がなさそうですね。

とはいっても、絶対に感染していないとは言い切れませんね。

不安な場合は、トキソプラズマに感染しているか検査もできるようですよ。

猫からトキソプラズマに感染する確率は、ごくわずかだそうです。

排泄物を処理した後はしっかり手を洗うなど気をつけることが大切ですね。

ちなみに犬はトキソプラズマに感染しても宿主とはならず、他に移すことがないため、猫とは違いトキソプラズマに関しては安全といわれています。

ただし、犬の口や鼻などは雑菌も多くいるため、いくらかわいいからと言って、口移しで食事をさせるなど過度な接触は禁物です。

妊娠期間中は精神的に不安定となることが多いですが、ペットがいることにより、気持ちが落ち着くこともよくあるので、トキソプラズマや感染症に注意してペットを可愛がりましょう。


Sponsored Link

-妊娠中, 生活

Copyright© 子育て、育児、失敗したくない!育児お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.