妊娠中 病気

妊娠中の風邪薬の胎児への影響とは?どうやって治す?市販薬は?

Sponsored Link

妊娠中は、健康に過ごしたいものですよね。

でも、長い妊娠期間中は気をつけていてもどうしても風邪をひいてしまうこともあるかと思います。

妊娠中に風邪をひいても薬を飲めないし、しんどうそう…というイメージもありますよね。

私の妻は妊娠中に、何度か風邪をひきました。軽い鼻風邪から高熱が出るような風邪もありました。

私の妻の友人の話で一番大変そうだなと思ったのは、胃腸炎になった時の話しです。

普段の体の時なら重症化しないような軽い胃腸炎だったそうなのですが、妊娠中だったのであっという間に身体がしんどくなってしまい、食べ物が食べられなくなって、病院で2日間栄養剤の点滴を受けていたそうです。

私の妻も妊娠後期に咳が止まらなくなり肋骨が痛くなったりと、普段では考えられないようなこともありました。

それだけ妊娠中は体が敏感になっているということでしょうか。
妊娠中の風邪

妊娠中は免疫力が弱まる!?

妊娠中は胎児を異物とみなして攻撃しないように、もともと免疫力を下げているのだそうです。

これによって、風邪などの感染症にもかかりやすくなってしまうのですね。

ただでさえお腹が大きくなり、腰や膝に負担がかかるのに、風邪にまでなりやすくなるとは・・・

妊娠おそるべし・・・

妊娠中に風邪をひいてしまったらどうする?薬などは使えるの?

軽い風邪なら薬を使わずに治すことになります。

抗生物質は胎児に影響が出る可能性があるので、通常は処方されません。

咳止めなどの対処療法の薬も処方されません。

ゆっくりと安静にして症状が治まるのを待つしかないようです。

でも、高熱が続くような風邪の場合は、母体と胎児に悪影響が及ぶ恐れがあるので、最低限の薬を使うことはあるようです。

妊娠中に市販薬を飲んでも大丈夫?

妊娠中に市販の薬を服用する際は、病院の先生に相談してからにしてください。

内科よりも、通っている産婦人科に相談する方が安心です。

でも、急な風邪や頭痛などで、市販薬を飲むこともあるでしょうか。


Sponsored Link

その際は、成分に気をつけてください。

一般的に、妊娠中に飲んでも安全とされている頭痛薬の成分は、アセトアミノフェン系で、別名カロナールです。

また、風邪に対しては薬ではなく漢方なら飲んでも大丈夫です。

妊娠中に風邪をひいて病院に行くと、漢方を処方されることが多いです。

いずれにしても、妊娠中に市販薬はできるだけ飲まないようにしてください。

どうしても飲む時は、慎重に成分などを確認して下さい。

産婦人科に電話をして、飲んでもいいかどうか確認することもできます。

妊娠中は風邪をひくと、免疫が下がっているだけに重症化しやすいです。

そのことを忘れないように、しんどくなったらすぐに休むようにするなど、体を大切にしてください。

周りの人にも頼ってくださいね。

また、妊婦さんのうちは風邪にならないように予防も大切ですので、外から帰ったらしっかり手洗い、うがい、冬などで暖房を入れる場合は乾燥しないよう加湿器を使う、外出時はマスクをするなど、通常時よりも気を使って対策するといいかもしれません。

私の家でも空気清浄器に加湿器はまわりっぱなしでした。


Sponsored Link

-妊娠中, 病気

Copyright© 子育て、育児、失敗したくない!育児お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.