子育て

ブラをしないと母乳が出やすくなる?母乳の効能とは?

Sponsored Link

今回は母乳についてです。

母乳が赤ちゃんにいいとわかっていてもなかなかでない人も多いと思います。

友人から母乳を出すためにはブラをしない方がいいと聞いたり・・・

母乳を出すためにいろいろ試してみたものと、母乳の効能(メリット)を紹介します。

母乳が作られる仕組み

出産後、身体はホルモンが働き母乳を作ろうとします!

仕組みとしては、赤ちゃんが乳首をすって刺激を与えるとお母さんの脳の下垂体に伝わります。

刺激を受けた下垂体は「プロラクチン」と「オキシトシン」というホルモンを同時分泌します。

プロラクチン→母乳の出をよくして子供をかわいいと思う心を育てます。

オキシトシン→子宮収縮を促し、乳腺組織を取り囲む筋肉を収縮させて、乳汁を出します。

一気に身体が反応して、お母さんホルモンを爆発させます!

心まで一緒に育てる母乳効果!

こう聞くと母乳は出た方がいいと思います。。

母乳の赤ちゃんとってのメリット

言わずもがな、栄養価が高いです!

身体の組織をつくるたんぱく質、エネルギー源の脂肪、脳や中枢神経の発達に必要な乳糖と成長に必要な成分が全て入っています。

他にもビタミン類、塩分、防御因子、成長因子、ホルモン、酵素、神経発達に必要なタウリン、DHAと自分の身体からこんなに栄養があるものが出るなんてお母さんの身体ってすごいです!

赤ちゃんはまだ消化器官や排泄機能が未発達なので、体に合った負担もなく飲みたい時にいつでも飲めます。

特に初乳は産後5日間程分泌される母乳で、免疫グロブリンは赤ちゃんの口から入って胃や腸の粘膜にひろがり、最近やウイルス、アレルギーの原因となるたんぱく質が入っても、粘膜から中に侵入出来なくなると言われています。

更に、お乳を吸うとき口の周りの筋肉・舌・顎などの筋肉を使い、自分で色々な機能を発達させていきます。

メリットだらけです!

いつでも飲める、健康ドリンクバーです!

それと「乳幼児突然死症候群」の発症割合が少ないとも言われています。

母乳のお母さんにとってのメリット

胸を吸われる事で子宮がドンドン自動的に収縮してくれます。

子宮を収縮させるお薬も飲んでましたが、同時に自然に戻る力が働くといいと思います。

体重も元に戻りやすく、母乳をあげていれば無理にダイエットしなくても脂肪が落ちるそうです。

確かに母乳の友達は産後、いい勢いで痩せていました。

経済的にも楽です!

これは何気に大きいメリットです!

ミルクはピンキリですが、お金はかかります。

しかもお出かけの際に結構な大荷物になります。

お湯も水も哺乳瓶も持って行かなくていけないので大変です。

使用後は哺乳瓶や乳首を消毒しなくてはいけないので手間がかかります。

母体的には、乳がん・卵巣がん・子宮体部がんの発症が少ないそうです。

骨粗鬆症のリスクも少ないそうです。

一概に必ず病気にならない、という事ではないのでしょうが確率が下がるのは嬉しいです。

赤ちゃんにとっても心を作り、人間と人間の基本的信頼を育てることができます。


Sponsored Link

お母さんも必要とされる、充実・幸福感が味わえます。

お互いにいい事なので、出るに越したことはないと思います。

妊娠中のバストケア

特に必要はないそうです。

産後早くから吸わせていれば飲めるようになるそうです。

乳首が短かったり固い大きいなど心配な人は助産師さんに相談しましょう!

私は退院後も相談してました。

分からない時は聞いた方が早くて、安心です。

バストトップマッサージでしっかり乳管を開いておけばおっぱいの張りを防げるようです。

タイミングはお腹が張りにくい入浴中がいいと思います。

母乳を出す準備をしているので、母乳がにじむ人もいます。

バストトップはあかやゴミが溜まることもあるので、ゴシゴシ洗わず優しくふき取りましょう!

ここもデリケートゾーンです!

ブラをしない方が野生に近くなるので出やすくなる。と友達が言ってました。

なので、ブラトップや冬で着こむ事が出来たのでノーブラ生活にしてました。

結果、出ませんでしたが…。

人によるのかもしれません、友達はじゃんじゃん出てましたので。

結局出なかった私の母乳・・・

遅ればせながら産後二日目初授乳をしました。

脇のリンパがかんかんに腫れて、違う病気かと思いました。

母乳が作られているのがわかります、おっぱいと脇あたりが何とも言えずキュウウウ!となります。

なんとか少量でも吸わせて、初乳を与えました。

しっかり咥えさせるのに必死でした。

もっと簡単にすってくれるんだと思ってましたが相互努力が非常に必要でした!

入院6日間、にじむ程度で赤ちゃんを満腹にさせる量が出なくてミルクを上げていました。

退院後も道具を使ってみたり、ネットで調べたり、友達に聞いたり

マッサージに行ったりしましたが・・・・出ず!

これだけ母乳にメリットがある!と言い倒しましたが、私は完全ミルクで育てました。

努力したけど、出ないものは出ない!

出る人はもちろん母乳がいいと思いますが、出ないことがストレスになるくらいなら割り切ってミルクでいいと思ってます。

ウチの子は元気に育ってます!

大丈夫です!

妊娠・出産・授乳、すべて個体差があるので自分にできる事を全力でやるだけです!

努力の内容はまた改めて書かせて頂きたいと思います。

人によっては私の試した方法で出る人もいると思うので。


Sponsored Link

-子育て

Copyright© 子育て、育児、失敗したくない!育児お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.