子育て 赤ちゃんの成長

首すわり前の赤ちゃんの抱っこひもは?おすすめ3選です!新生児も使えます。

Sponsored Link

赤ちゃんに使える抱っこひも

首も座り、いよいよ外出もできるようになった頃、ベビーカーの他に抱っこ紐があると、なにかと便利です。

しかし色々な種類がありすぎて、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

どのように選べばいいのでしょうか?
新生児からの抱っこひも

まだ首が座っていないけど、使える抱っこひもってあるの?

意外と多くあります。

横に抱っこするタイプと縦に抱っこするタイプ。そしてスリングです。

私は横抱き、縦抱きと両方の抱っこひもを使いました。

横抱きタイプは体が密着していないせいか、多少不安な感じがしました。

しかし、布団に寝かせている時と同じ姿勢なので赤ちゃんには負担が少ないのかなと思いました。

縦抱きタイプは、専用のクッションみたいなものを使用して使いました。

こちらは、体と体がしっかり密着するので安心感はありましたが、赤ちゃんが疲れないかと心配はありました。

色々種類があってどれがいいのか分からない。

本当にありすぎて悩みますよね。

ここで、ママたちの口コミで人気な商品を調べてみました。

まず、エルゴベビーのベビーキャリアギャラクシーです。

色々な色や柄があり、可愛いものからかっこいい物までと色々あります。

しかも、産まれたばかりの赤ちゃんでも、別売りのインファントインサートというクッションみたいな、赤ちゃんを包み込んで固定する物を購入すると、1ヶ月検診の初めての外出の時からでも使えます。

私は今現在このエルゴを愛用していますが、腰で支えているのでほとんど肩こりをしません。

次男の時からなので、かれこれ5年以上使用していますが、型崩れも全くなく丈夫にできています。

首が座って、腰も座ってだいぶしっかりしてきた時からほとんどおんぶ紐として使っていました。

おんぶじゃないと上の子たちを追いかけまわせないので。

今も長女は常に背中にくっついています。

金額はお店やインターネットなどで多少差が出てきますが、約18,000円前後といったところでしょうか。

次にベビービョルンのベビーキャリアONE

こちらも腰ベルトがしっかりしていて、肩こりはしにくいようです。

前向き抱っこも出来て、好奇心旺盛な赤ちゃんにはいいかもしれませんね。

しかも、前向き抱っこの赤ちゃんって見ていてとても可愛いですよね。

また、ベビービョルン制のベビー用品は見た目もおしゃれでかっこいいので、オシャレなママさんが良く持っているのを見ます。

こちらも金額は様々ですが、18,000円前後といったところでしょうか。

そしてコンビのニンナナンナ

長男の時にこれを使用していました。

横抱っこ専用のシートがあり、横抱っこが可能です。

新生児の頃はこれでよく散歩していました。

縦抱きになると足の開き具合も調節できるようになっているので、赤ちゃんに合わせて使う事が出来ます。

金額は、18、000円前後です。

他にもたくさんありますが、おすすめとしてはこの3点です。

個人的には、迷ったらエルゴをお薦めします。

次男の新生児の頃から使用していますが、とても使いやすいです。

抱っこひもっていつまで使えるの?

大体2歳頃まででしょうか。

しかし、おんぶとしては3歳くらいまでは使えると思います。

ただ、ママの体がきついと思います。

3歳ともなれば、どっしりと重くなってきます。

ママが大丈夫なら何歳まで使っても良いと思います。

しかしその頃には子供も走り回れるので逆に固定されるのが嫌だと思います。

そしてきっと恥ずかしさが先に来ると思います。

本当に色々な種類や形、デザインがあって悩みますよね。

でも機能的にはここ最近ほとんど同じような物が多い気がします。

もし悩んでしまったら、エルゴを私はお薦めしたいと思います。

装着が面倒とか、おんぶの仕方が難しい等言われたりもしていますが、結局はどれも最初はみんな装着は面倒だしおんぶの仕方も難しいはずです。

慣れればどれも簡単にできます。

ベビーカーは疲れずに済みますが、抱っこひもは赤ちゃんと触れ合えているだけで、どこか安心感があり赤ちゃんも気づけばぐっすりという事が多いです。

私は今でも長女の寝かしつけに使用していますが、眠い時におんぶするとものの3分もかからず寝てくれます。

電車やバスでベビーカーを嫌がられる今、抱っこひもの1つ位持っていても損はないと思います。


Sponsored Link

-子育て, 赤ちゃんの成長

Copyright© 子育て、育児、失敗したくない!育児お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.