出産

陣痛促進剤のリスクと陣痛の原因と痛みについて

Sponsored Link

出産する時には陣痛が起こりますね。

自然分娩で出産するなら避けられないことです。

初めての出産の人は、どんな痛みか想像がつかずに怖いと思う人がほとんどでしょう。

私が女性でしたら、出産の前にとても不安になり、出産を経験した人にどうだったかに聞いてまわっていると思います。

実際に妻も妻の友人たちもそういう人が多いみたいです。

実際に陣痛を経験した方にきくと、とても痛かったと口を揃えて仰います。

妻の友人はあまりの痛みに過呼吸になってしまったそうです。

でも、すぐにいきみたくなるので、痛みについて考えている暇はないと。。

最後は産むことに必死過ぎて、痛みのことは忘れてしまったそうです。
陣痛の痛みとリスクについて

陣痛って何で起こるの?

陣痛は、赤ちゃんが体外に出るときに、子宮を収縮させるために起きます。

赤ちゃん自身が、産まれてもいいタイミングに陣痛を起こすホルモンを発すると言われています。

でも、出産予定日を超過しても、陣痛が起こらないこともあります。

その場合には、陣痛促進剤を打って、人工的に陣痛を起こすことになります。

私の妻も出産予定日を過ぎても全然陣痛が来ないので、陣痛が来てあわてて病院に向かうようなことはありませんでした。

陣痛促進剤ってリスクはあるの?

陣痛促進剤を打つと、赤ちゃんはまだ体内にいたいタイミングなのに、無理に出産することになるのでよくない、などと言う話を聞くこともあります。


Sponsored Link

実際、陣痛促進剤によって子宮の収縮が強くなりすぎて、胎児が酸欠状態になったり、脳性まひになったりすることもあるようです。

また、強く効きすぎて子宮が破裂して胎児は死亡、お母さんは子宮全摘などという例もあるようです。

赤ちゃんが大きくなりすぎて骨盤を通らないなどの可能性があるときなどは、仕方がないように思いますが、できれば自然に出産したいですね。

陣痛ってどんな痛み?

これは、人によって表現の仕方も様々ですね。

大きなスイカが出てくるようだった、体を引き裂かれるような痛みだった、爆弾が爆発するかのような痛みだった、痛すぎて気を失いそうになったなどです。

妻の友人は前述しましたが、本陣痛が来た時に、気が遠くなり過呼吸になったそうです。

人生で初めて過呼吸になったそうなのでパニックになりかけたと。。

でも、看護師さんがすぐに対応してくれて、手を口に当てて!と言われたのでそうしていたら、少しして治ったみたいです。

初めての出産と二人目以降の出産とで痛みの感じ方は違う?

二人目以降になると、一度は経験した痛みなので、ある程度は心の準備ができるようです。

でも、いざ陣痛が来たら、こんなに痛かったっけ?と思ってしまうようです。

よく聞く声としては、陣痛は確かに痛いけど出産することに必死になるので、産んだら痛みは忘れてしまった、というものです。

陣痛は確かに怖いものだと思います。

でも、お子さんを授かっているお母さんはみんな、乗り越えているものです。

痛みを乗り越えればかわいいわが子に会えるので、あまり不安にならずに出産を迎えたいものですね。

男性は一生経験できないことなので、赤ちゃんを産む奥様にはいつも以上に優しく接するように心がけましょう。


Sponsored Link

-出産

Copyright© 子育て、育児、失敗したくない!育児お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.