妊娠中 食生活

つわりっていつからいつまで?症状と対策について!やっぱり食事が大事!

Sponsored Link

妊娠中に多くの人が経験するつわり。

食べ物が食べられなくなったり、吐き気がしたり、異常に眠くなったりと症状はさまざまです。

幸いにも私の妻はつわりはなかったのですが、つわりで苦しんでいる人の為につわり対策について調べてみました。
つわりによい食べ物

つわりはいつから始まるの?

妊娠した場合、生理予定日の1~2週間後からつわりが始まることが多いです。

何となくムカムカしたり体調が悪い日が続き、もしかしてつわりかも!?と思って妊娠に気づく人も少なくないようです。

つわりはいつまで続くの?

これは個人差が大きいですが、多くの人は妊娠16~19週までに落ち着くことが多いようです。

なので、妊娠4ヶ月から6ヶ月くらいまでには落ち着く人が多いということになります。

ですが、まれに妊娠後期になってもつわりが続く人もいます。

つわりの症状は?

人によって症状もさまざまです。

ある特定の食べ物が食べられなくなったり、においにとても敏感になったり、異常な眠気が続いたり、常に船酔いしている感覚に襲われたり・・。

私の妻の友人は、吐き気が止まらず食事はスープばかりになった時期があったり、別の友人は油ものを受け付けなくなってしまい、野菜炒めなど少しでも油が入っていると食べられなくなったりすることもあったそうです。

また、乗り物にも酔いやすくなるらしく、テーマパークの船に乗って、少しの揺れで船酔いしてしまったそうです。

つわりは本当に個人差があって大変ですね・・・


Sponsored Link

こんなつわりが全くなかった妻は幸せ者です・・・

最も多い、吐きつわりの対策は?

今までの食事ができない時は、無理をしないで食べれる物だけを食べて構いません。

また、水分を摂るのもつらい時は果物などをできるだけ食べるようにしてください。

どうしても食べられない時は、病院で点滴を受けることもできます。

ずいぶんと楽になるようですよ。

ビタミンB6と生姜を食べると吐きつわりの軽減にいいそうです。

生姜は吐き気止めの効果があります。

つわりが続いていて、食べ物が食べれなくなると、ちゃんと赤ちゃんが育っているのか心配になるかもしれません。

でも大丈夫です。ちゃんと赤ちゃんは育つようですよ。

私の母もつわりが酷くなにも口に出来ず、ガリガリに痩せてしまったそうですが、そんな母で育った子供も今は人の親です笑

あまり気にしすぎるとストレスになってしまうので、食べれるものを少しづつ食べてください。

においに敏感になった場合は?

つわりの最中でも、心地いいと感じるにおいはありますか?

そのにおいをハンカチなどにつけて、外出してみてください。

嫌なにおいに出会った時にそのハンカチを鼻に当てると、大分ましになると思います。

眠気が続く場合は?

夜にしっかり寝たのに眠気がとれない。

そんな時は、都合がつくなら思い切って寝てしまってください。

ほんの30分横になるだけでも、気持ちがよくなりますよ。

つわりとは関係ないですが、妻の場合も絶えず眠かったらしく、私が会社行っている間はワンちゃんを抱っこしながらずっと寝ていたそうです笑

つわりが起きるのは、赤ちゃんが元気に育っている証拠です。

つわりの間は無理をしないで、ストレスが溜まらないように心掛けてください。

旦那さんや家族にもつわりを理解してもらって、一緒に乗り切ってください。


Sponsored Link

-妊娠中, 食生活

Copyright© 子育て、育児、失敗したくない!育児お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.