妊娠中 生活

産婦人科選びのポイントと産婦人科までの距離は近いほうがいい?

Sponsored Link

妊娠が分かると、まず何をしたらいいでしょう?

そう、どこの病院で産むのか決めなければいけませんね。

産婦人科がたくさんある地域もあれば、限られている地域もあるでしょうか。

私の妻も妊娠が思いがけず分かったので、妊娠発覚が遅い方で、早く病院を決めないと一杯になって予約がとれなくなっちゃうから早く産院を決めてくれと言われました。

病院選びは迷いましたね。

病院をいくつか選べる地域だったのでもちろんネットで検索したり、友達の口コミを参考にしたりしました。

調べれば値段もそれぞれ違うようだし、総合病院と個人病院もあります。

何を基準に選んだらいいでしょうか?

家から近い方が安心!

病院は、できるだけ家から近い距離が便利です。

妊娠中は何度も妊婦健診で病院にいく必要があります。

私の妻は15回くらいは通ったでしょうか。

妊娠中はつわりがあったりしますし、後期になるとお腹が出てきて動きづらくなってきたりします。

そのため、近い方が安心ですね。

また、いよいよ出産する時になると、家で陣痛が始まり間隔が短くなってきたら病院に連絡してくださいと言われます。

その時に病院が遠いと、出産まで間に合うのだろうかと心配になってしまいます。

私の妻の友人の場合は、病院は車で10分くらいのところにあったそうですが、陣痛がきて病院に行ったのが朝だったので、通勤ラッシュと重なり病院に着くまでに30分近くかかったそうです。
産婦人科選び

総合病院と個人病院の違いは?

私の妻が出産したのは総合病院でした。
愛育病院というところです。

やはり、妊娠中や出産時に何かあってもすぐに対応してもらえるので心強かったですね。

病院に併設の小児科の評判なども気にするといいですよ。

赤ちゃん出産してからも病気の際に通ったり出来るので。

部屋は大部屋と個室と選べました。

個人病院だと、その病院によってサービスが多種多様になるという印象です。

私の友人が出産した個人病院は、部屋はホテルのような内装で食事も豪華、入院最後の日の夕食はフランス料理のフルコースだったそうです!


Sponsored Link

また、別の友人は山王病院に入院し、エントランスにグランドピアノがあったりとホテルのような雰囲気だったみたいです。

他にも、入院中にマッサージやアロマセラピーをしてくれたりする病院もあります。

愛育病院に関しては広尾と、田町と二つあり、私の妻は田町の愛育病院で、まだ出来たばかりだったのでとてもきれいでした。

愛育病院は病院食の評判が良く、レシピ本も出しているくらいなのですが、妻の評判はあまりよくありませんでした・・・

妻が偏食なのもありますが、料理が淡泊すぎたようです。。

病院の上の階にある食堂のカレーはおいしかったですけどね笑

また、愛育病院は、赤ちゃんに優しくお母さんに厳しい病院と言われていますが、評判通りだったようです。

妻の場合は緊急的な帝王切開で赤ちゃんを産みましたが、お腹を切った次の日から歩行練習と授乳と容赦なくやることがあり大変そうでした・・・

出産に必要なお金は?

妊娠は病気ではないので、保険は使えません。

ですが、健康保険に加入していれば出産育児一時金というものがもらえます。

額は42万円です。これはとても助かります。

一般的な出産の費用が45万~55万円と言われているので、その差額を自己負担すればいいわけですね。

また、帝王切開になった場合は、保険の対象となります。自分で医療保険に入っていれば、そこからも給付金がもらえる場合が多いです。

病院によっても違いがあります。

総合病院も、私立の有名な病院なのか市民病院なのかによっても変わりますし、個人病院も様々なサービスや施設がある病院なのか、最低限のシンプルな病院なのかによって変わります。

地域によっては、妊娠が分かったらすぐに分娩の予約をしないと、満室になってしまい受け付けてもらえない場合があります。

私の妻は、妊娠6週で病院を予約しましたがギリギリでした。妊娠を考えはじめたら、病院のことも調べておくと安心かもしれませんね。

お金の面は高かったです。

もともと無痛分娩で保険があまり効かない分娩方式なのですが、緊急帝王切開となってしまった為、麻酔は無痛分娩用で、保険適用外となってしまい、普通の帝王切開よりも高かったです・・・

合計で120万くらいかかりました。

一時金で42万帰ってきても80万くらいは負担となり、その中から高額医療で戻ってきたりしても60万は実費で負担となるでしょう・・・

妊娠前は医療保険に入っておくことをお勧めします!


Sponsored Link

-妊娠中, 生活

Copyright© 子育て、育児、失敗したくない!育児お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.