子育て 赤ちゃんの成長

新生児が泣く原因と対策!黄昏泣きは焦っちゃダメ!私がやったことを紹介します。

Sponsored Link

新生児は泣きます!

とにかく泣きます!

赤ちゃんってほんとによく泣きますよね・・・

初めての子育てだと、どうしてそんなに泣くのか訳が分からなくなってどうしていいか分からなくなっている人は多いかと思います。。

私もその一人でした。

赤ちゃんをよく知らなかった私は、赤ちゃんはミルクを飲んでいるか寝ているかだと思っていました・・・。

たまに泣くくらいなのかと、本当に何もわかっていませんでした!

実際は昼も夜も関係なく泣きました。
赤ちゃんが泣く原因と対策
抱っこしても、ミルクをあげても、おむつを替えても泣き止みませんでした。

最後はどうしていいかわからなくて一緒に泣いていました。

自分も毎日睡眠不足で、細切れ睡眠しか出来ずへとへとでした。

そして、たくさんの方法を調べました。

思い浮かぶ原因はお腹がすいた。おむつが気持ち悪い。だけでしたが、他にも原因があるようなので共有したいと思います。

赤ちゃんが泣く原因を探してみる~ベーシック~

お腹がすいているようだったらミルクを飲ませてみる

さっき飲んだばかりだから。と思ってましたがちょっと口に入れてあげると落ち着くこともありました。

オムツを替えてみる

新生児はこまめに替えるのでそんなに汚い事もありません。

蒸れているのかもしれない!と、オムツをしばらくとってあげると放尿されたり…。

抱っこしてみる

抱っこが好きな子はこれで少々収まるかもしれません。

息子は横に抱っこしてもダメでした。

なので、新生児用の抱っこひもを使って縦に抱き、頭を支えてひたすら揺れる。歌う。を繰り返してみたりしました。

息子はこれで寝ることが多かったです。

おかげで私は揺れすぎて、腕の腱鞘炎にプラス足のアキレス腱も痛めました。。。

原因を探してみる~もしかしたら~

新生児ではなくなってから聞いた原因がいくつかありました。

かゆい部分がある。というものでした

なので赤ちゃんの全身を撫でまわしていくといい。と聞きました。

暑い、寒いなどの気温。

泣く事でした主張できないので、適温でない時も泣くようです。

適温は20~23度、湿度は40%~60%がベストだそうです。

体調が悪い場合。

熱があったり、下痢を繰り返していたり、ミルクを飲まなくなった。等の場合は様子をみて受診しましょう。

どうしようもないのですが、生まれて間もないので胎外の生活や環境に慣れていなくて泣くこともあるそうです。


Sponsored Link

こればかりは慣れてもらうしかない!

寝る前にぐずる事はよくあります、睡眠サイクルも定まっていないので泣く原因はたくさんあります。

これらの原因を踏まえて赤ちゃんが泣かない対策としてやったことを挙げたいと思います。

朝晩のサイクルを覚えてもらう

抱っこしても、何をしても泣くこともたくさんあります。

赤ちゃんは言葉では伝えられないので、嫌な事はすべて泣くというボタンのみで発信されます。

せめて夜は寝てほしいので、なるべく朝昼晩を覚えてもらう事から始めました。

太陽が出てる時間は明るい場所で、朝は起きたら顔を拭いて起きてもらいました。

正直朝もゆっくり寝ててほしいですが、サイクルを作るために起こしていました。

ママも昼間は一緒に寝て体力温存です!

黄昏泣きの対策は!?

サイクルが出来たら出来たで、夕方になると「黄昏泣き」をしました。

物悲しくて泣く。と言われていますがセンチメンタルな理由にこちらもなす術がありません。

心を無にして抱っこして黄昏が終わるのを待ちました…。

日中の疲れだったり、腸の蠕動運動だったり体の調子によるものだとも言われています。

この場合は抱っこして背中をトントンしてあげるといいようです。

黄昏泣きは長くても、半年頃には終わると言われているので過ぎ去るのを待つのみでした。

気が付けば泣かなくなっていました。

早めにお風呂に入れてあげたりするのもいいそうです。

忙しい時間帯に泣くので、焦ってしまいますが長くはないのでその期間だけは諦める。という気持ちでゆったりしてください。

私は諦めきって、抱っこして揺れながらTV見たりしてました。

グッズに頼ってみる

友達はメリーを回してみたり、電動のベビーベッドを使ったりと皆もれなく試行錯誤しておりました。

おくるみで包んであげると落ち着く事もあります。

寝るときは大きなバスタオルでぎゅっとしてあげるとお腹の中を思い出して落ち着くようです。

おくるみグッズもあるので、簡単にきゅっと包めます。

包まれるのが好きじゃない赤ちゃんもいるので一度、バスタオルで試してみてからでもいいと思います。

終わる日は来る…!!

最初はどうしていいのかわからなくて赤ちゃんと一緒に泣いていました。

実家も遠く主人も帰りは深夜…。

またしても保健センターに電話してました。

優しく励ましてくださいました。

とても心強かったのを覚えています。

体調も良く、何しても泣き止まない時は、泣かせてもいいのです!とアドバイスされました。

5分ほどなら泣かせても大丈夫。

泣く事で肺も強くなります。と言われ何も解決はしないのですが、何してもダメな時もある。

泣いたらすぐに泣き止ませなくちゃいけない!と自分自身を追い詰めがちになっていました。

なぜ泣くのか、不安にならずしっかりと赤ちゃんを観察して対処しましょう。

そして時には泣いていてもしょうがないと思える気持ちの余裕を持つことも大事でしょう。

すごく長く感じますが、いつか終わりは来ます!


Sponsored Link

-子育て, 赤ちゃんの成長

Copyright© 子育て、育児、失敗したくない!育児お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.